庄助豆腐 450円

庄助豆腐 450円

庄助豆腐 450円

夏に湯豆腐と注文されて、それならばということで即興で創作した料理が人気に。絹ごし豆腐をお風呂に、卵を小原庄助さんにみたて、ショウガを載せて蒸してあります。ショウガと半熟になった卵の黄身とが絶妙の組み合わせ。出汁でも醤油でもいけます。

 

取材レポート
私が知っている小原庄助さんは民謡「会津磐梯(ばんだい)山」に登場する人物。「小原庄助さん なんで身上つぶした 朝寝 朝酒 朝湯が大好きで それで身上つぶした ああもっともだ もっともだ」というフレーズがお酒のみの耳にこだましますね。で、庄助さんになったつもりで栄川を熱燗にして・・・上にもありますようにショウガと黄身の濃厚な味わいを豆腐が柔らかくして、ひと匙でおちょこ一杯が飲めます。日本酒好きの方には特にオススメです。でも材料が豆腐と卵なので380円にしていただければもっと嬉しい。

 

ちょっとおかかを追加してもらって、これもスプーンを使い

ひとさじに卵の黄身、白身、豆腐とバランス良くすくえるように注意していただきました。

 
Categories : お料理